ミュゼ 埋没毛

ミュゼの脱毛、埋没毛にも効果あり?

 

ミュゼ埋没毛

 

埋没毛ができる原因は、誤った自己処理です。

 

カミソリや毛抜き、ワックスでの無理矢理な自己処理を繰り返すうちに毛穴が黒ずんできて、埋没毛に悩むことになります。

 

「自分ではもう綺麗にできないから、脱毛サロンでの埋没毛の脱毛を検討している」という方も少なくないはず。

 

サロンで脱毛すると、100%全部の毛を取りきることができなくとも、地肌の綺麗さは比べものにならないほど美しくなります。

 

(効果には個人差があります。)

 

 

では、ミュゼの脱毛は既にできてしまった埋没毛に効果があるのでしょうか?

 

まず、埋没毛ができるような自己処理をしないのが基本です。

 

しかし、既に埋没毛ができてしまった場合は保湿して、できるだけ毛が埋まってしまった毛穴の状態を整えましょう。

 

埋没毛のように荒れた角質が毛穴をふさぎ、毛が外に出ていない状態はジェルが塗れないため、光脱毛自体ができません。

 

ミュゼの方針もそうです。

 

自己処理の回数が増えるにつれ、埋没毛も増えていきますから、毛穴付近の皮膚を傷めないように、誤った自己処理はすぐ止めましょう。

 

 

お肌は生まれ変わるので、毛穴に蓋している状態の角質が自然に取れたら改善されますが、炎症で色素沈着を起こしてしまうと、黒ずんだお肌になってしまいます。

 

色素沈着した部位は光脱毛と相性が悪いですから、「自己処理で埋没毛がありますが、光脱毛で解消できますか?」と、気になる部分を見せて、サロンのスタッフさんに相談してみましょう。

 

埋まった毛を無理に掘り起こす事はしませんが、ミュゼでは角質を取り除くためのローションやクレンジングを販売しています。

 

 

光脱毛は毛根に光を照射してメラニン色素に働きかける方法ですので、色素沈着しているお肌だとその部位は避けて脱毛することになるケースが多いです。

 

埋没毛自体はすぐにはどうすることもできなくとも、無理に引っ張ったり剃ったりと、埋没毛になりやすい誤った自己処理をすぐにやめましょう。

 

お肌の角質の状態を整えて光脱毛で毛を減らしていくことにより、自己処理で角質を傷つける機会が減りますから、その先に解決が見えてきます。