ミュゼ 料金表

ミュゼ料金表

 

ミュゼ料金表

 

2017年5月のミュゼ脱毛料金表です。目安として4回コースと6回コースを記載しました。

 

※キャンペーン価格は予告なく終了する場合もあります。HPでも必ずご確認ください。

 

パーツ一覧 4回コース料金 6回コース料金 備考
全身脱毛 128,000円 190,360円 顔、襟足を除く
顔(ひたい・ほほ) 10,000円 15,000円 Sパーツ
口周り・あご 10,000円 15,000円 Sパーツ
うなじ(えり足) 10,000円 15,000円 Sパーツ
両ワキ+Vライン 100円 100円 回数制限なし・1部位追加で1,000円
背中(上) 19,200円 28,560円 Lパーツ
背中(下) 19,200円 28,560円 Lパーツ
19,200円 28,560円 Lパーツ
乳輪周り 10,000円 15,000円 Sパーツ
お腹 19,200円 28,560円 Lパーツ
へそ周り(上) 10,000円 15,000円 Sパーツ
両ヒジ(上) 19,200円 28,560円 Lパーツ
両ヒジ(下) 19,200円 28,560円 Lパーツ
手の甲・指 10,000円 15,000円 Sパーツ
Vライン 400円 400円 お好きな部位と両ワキ+Vラインが400円
トライアングル(上) 10,000円 15,000円 Sパーツ
トライアングル(下) 10,000円 15,000円 Sパーツ
Iライン 10,000円 15,000円 Sパーツ
Oライン 10,000円 15,000円 Sパーツ
ヒップ 19,200円 28,560円 Lパーツ
10,000円 15,000円 Sパーツ
両ヒザ(上) 19,200円 28,560円 Lパーツ
両ヒザ(下) 19,200円 28,560円 Lパーツ
ひざ 10,000円 15,000円 Sパーツ
足の甲・指 10,000円 15,000円 Sパーツ

 

>>>ミュゼ公式サイトでその他の料金を確認する

 

 

ミュゼの基本は3タイプ

 

ミュゼでは3タイプの脱毛プランがあります。

 

美容脱毛完了コース

 

ミュゼ 美容脱毛完了コース

 

何度脱毛しても料金は同じ。期間・回数無制限で追加料金は一切かかりません。

 

回数セットコース

 

ミュゼ 回数セットコース

 

脱毛したい箇所が多い方に、回数に応じて料金が変わるセットコース

 

フリーセレクト美容脱毛コース

 

ミュゼ フリーセレクトみよう脱毛コース

 

脱毛の必要な箇所と回数を自由に選べるコース。

 

脱毛箇所の面積によって「Sパーツ」「Lパーツ」の2つに分かれ、1回あたりの金額が異なります。どの箇所を何回脱毛するか、箇所と回数の掛け合わせで料金が決まります。

 

お得なミュゼ半額キャンペーン

 

2017年1月現在、ミュゼではまとめて4回以上の契約で「半額キャンペーン」を実施中です。

 

ミュゼ半額

 

ミュゼ半額A

 

ミュゼ半額B

 

ミュゼ半額C

 

特に全身美容脱毛コースは他のサロンよりも格安で受けることができますね。

 

参考までに銀座カラーの全身パーフェクト脱毛の金額が259,558円(税抜)。※一括払いの場合

 

ミュゼの全身美容脱毛コース1回が42,000円です。4回以上で半額になるので×12回通っても252,000円です。

 

金額だけでなくマシンや施術、接客面などの口コミでもミュゼの方に軍配が上がります。

 

「どうせならキレイに全部脱毛したい」という方にはおすすめです。

 

 

月額制で見せかけの安さをPRしているサロンも多いですが、脱毛料金は総額で考えないと損しています。

 

いくら高額のコースでも、分割回数を多くすれば月額を安くできます。

 

月額制=ローンの分割1回を安く見せているサロンも多いので、注意しましょう。

 

 

「月謝制」を謳っているサロンの場合は、通っていない月でも費用がかかるケースがほとんどです。

 

半額キャンペーンの注意点

 

ミュゼ半額キャンペーンは 「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース(6回)」「両ワキ美容脱毛完了コース(6回)」「Vライン美容脱毛完了コース(6回)」「選べる2部位+【両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース】」には適用されません。また、半額キャンペーンの適用条件がありますので、詳細はこちらのキャンペーンページでご確認ください。

 

今月末までのチャンス!

↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓

 

 

→ミュゼ初回予約の流れはこちら

 

→ミュゼカウンセリングQ&Aはこちら

 

→ミュゼの脱毛部位はこちら

 

→ミュゼ料金表はこちら

 

 

 

 

 

 

 

脱毛コラム

 

ムダ毛処理で抜くという方法は手間なのに加え肌荒れ引き起こしやすい方法なのです。ムダ毛の処理方法として抜くことを続けていると、いつの間にか皮膚が硬くなってしまい、埋没毛など皮膚の下に毛がもぐったような状態になる可能性があります。それに、毛を抜くことは毛根を切ることになる為、その部分に雑菌が入ることによって感染症を引き起こすということもあります。
全身脱毛を行いたいときには、どの脱毛エステにするかを選ぶ必要があります。その場合、全身脱毛の平均的な相場を調べておくことが大切です。異常に高い脱毛エステのお店は当然、止めた方がいいです。また、あまりに安すぎるお店も信頼できません。
全身脱毛の相場を調べておけば、最適な脱毛サロンを選ぶことができます。私の最近の悩みは、胸とお腹の脱毛ですが、全身脱毛をしようかと思ってしまいます。

 

その箇所だけを脱毛すると、他もやりたくなるよという友人の忠告もあり、また、夏にはマリンスポーツにも挑戦したいので、全身脱毛がベストでしょうか。

 

 

 

予算に限りもありますし、まずは少し店舗を調べてみます。実のところ脱毛サロンで行なわれる施術では、永久脱毛はできないようになっています。

 

 

 

永久脱毛を実現できるのは、医療脱毛だけなので、気をつけるようにしてください。「永久脱毛が可能」と宣伝している脱毛サロンをもし見かけたり聞いたりしたらそのお店は嘘をついています。

 

 

 

脱毛サロンの光脱毛における機器の威力は、ムダ毛を一旦生えなくする力はありますが、ムダ毛を生やす細胞を破壊し尽くすことは絶対にできません。
現在、脱毛サロンやエステサロンで女性に人気となっているのが、光脱毛といわれる方法です。
こちらは、最新型のフラッシュマシンを用いた施術となります。何回受けたら効果があるのかは、施術を受ける部位によって変わります。また、人によっても異なりますので、カウンセリングを行う場合に聞いてみるといいでしょう。医療脱毛だとしても、施術されるときなんかは、事前処理の必要性が考えられます。
ムダ毛だらけになっていると施術不可能ですので、長さの目安はカウンセリングの指定事項を参考に処理しておいてください。
施術の前日には行わず、処理を数日前にやってしまえば、施術を受けた後、肌に異変が生じづらくなるはずです。
家庭難しくなくムダ毛の脱毛を行えるレーザー脱毛の機械があります。

 

家庭用にレーザー量を控え目にしているので、心配なく使うことが出来ます。脱毛効果は医療機関よりは高くないですが、医療機関では予約が必須でその人の発毛サイクルと合わなかったりするものです。家庭で行うのであれば、自分の間隔でなくしてしまうことが出来ます。脱毛サロンで最初に受けるカウンセリングですが用意されている質問はどれも大事ですので偽りなく応答します。

 

嘘をつくのは後々大変なことになるかもしれませんので、過去から今現在に亘って、なんらかの刺激による肌トラブルを経験したことがあったり、それからアレルギーがあって症状がでやすい、または既に出ている等といったことはきちんと伝えましょう。

 

 

 

脱毛用機器の性質もあり、やむを得なく脱毛の処置を受けられないことになるかもしれません。
ですが、トラブルを自身に招かないようにするため、正直な応答をするべきです。
肌を多く露出する時期になる前や婚活をし始めたときに全身脱毛を考えている女性もたくさんおられると推測されます。
脱毛をするとお肌も影響を受けるので、トラブルが生じることもあります。

 

問題が起きてから後悔しないようにどのサロンを選択するかはインターネットなどで評判を調べて十分に注意しながら選ぶのが良いと思います。脱毛サロンに行く前に、自己処理が必要な場合、電動シェーバーを使うのが一番です。

 

 

 

その理由は電気シェーバーを使うと他の方法よりも肌への負担が少ないため、エステに行ったときに炎症が起こっていて当日になって施術が出来ないといったことにはならなくて済みます。電気シェーバーを持っていない場合、別の方法でムダな毛を剃るのなら、予約を入れた日の前日よりももっと前に自己処理することをお勧めします。実は探してみると、脱毛サロンの中には、ワックスによる脱毛を得意もするところもあります。

 

施術は簡単。

 

ワックスを肌に塗って、ムダ毛を一気に引き抜きます。しかし、ただ抜くだけなので、効果は一時的なものです。

 

しかし、ワックス脱毛のよい点は、事前にムダ毛の自己処理は必要がなく、しばらくの間だけではありますが、確実にムダ毛がなくなり、自己処理の毎日から解放されるのです。

 

 

うれしいことに、アンダーヘアも施術できます。
全身脱毛は思い立ったときにしたいもの。でもちょっと待ってください。
サロンを選ぶときには、どの部位を施術対象としていてそれぞれに対するコストテーブルがいくらなのか、またセット料金は自分に合っているかなどをよく比較してから選ぶべきです。
全身脱毛を謳っていても、施術の対象となるパーツはサロンによって意外と違いがでてくるところですし、価格にもそれなりの違いが出てくるのは当然ですね。月額いくらというコースを用意しているサロンもありますが、これが適用できる人はたしかに安くなるかもしれません。

 

 

ただ、求めている仕上がり具合や、コースの選択の仕方等によっては、あとになってから割高だった、ということにならないとも限りません。

 

何年経っても永久に二度と脱毛の必要が無いのか疑問な人もたくさん居て当然です。永久脱毛だったら一生脱毛の必要がないのかというと、生えてくることはあり得ます。

 

もっとも効果的なのはクリニックで受けられるニードル脱毛が効果的です。見聞きする様々な脱毛法は高い確率で毛が生えると思ってください。
脱毛後の肌が赤くなるのは、刺激に対する当然の変化ですので、もしかゆくても、こすってはいけません。時間を置かず風や水にあてて冷やすことでじきに治まります。このように赤くなるのは皮膚の炎症によるものなので、汗をかかないよう、患部を清潔に保って冷やすことが大事です。
冷やしても炎症が良くならないときは、そのままにせず、皮膚科で相談しましょう。まして、悪化して化膿したり、水分が出てきたり、通常の脱毛以外の症状が見られる際は、絶対に放置してはいけません。ビキニラインが心配!と脱毛サロンに行く女子が、大変増加している傾向です。

 

ビキニラインは自分で見えにくく微妙なので、自分でやろうと思ったところで、うまくいきませんし、どこからみてもきれいになりたいのだったら、脱毛サロンのプロにお願いしたほうが、ずっとよくなります。

 

ビキニラインてどこまで脱毛するものなのか不安ですが、お好みは人によるので、その人に合わせて相談して行うことができます。センスエピはイスラエルのホーム・スキノベーションズ社によって開発され、すでに180万台以上が出荷されている家庭用のフラッシュ式脱毛器です。
これひとつで5万発照射可能で、カートリッジ交換が不要のため初期コストだけで済む点が特徴です。照射レベルを5段階で調整できて、セーフティ機能(肌色センサー)も搭載してダメージを回避。もちろん、顔の脱毛にも使えます。
シリーズ中もっともコンパクトなセンスエピGのクチコミを見ると、本体のサイズ・軽さ・スイッチの位置などは使いやすく、丸みを帯びた形状でホールドしやすいため、落としてしまうこともなく、脱毛しやすい形状が評価されていますが、全体に小回り重視の設計なのか、指、口周りの産毛、うなじといった大照射ヘッドだったら難しかった部位ができるようになった一方で、広範囲の脱毛をするのにはどうしても、苦手のようです。時間をかければできますが、こうした製品なのだという割り切りは必要でしょう。
光脱毛の受けた後、冷たいジェルなどを使って、肌を落ち着かせてはくれますが、その日は多少の赤みが出現する場合があります。

 

特に夏に施術した場合は赤みがみられるケースが増えるように感じられます。
そんなケースは自分で冷たいおしぼりでクールダウンしたりして赤みを抑える処置をしています。光を当てるタイプの脱毛器の場合、カートリッジがいるのが主流になっています。カートリッジは消耗品のため、何度使用できるのかは商品によって違います。維持費を抑えるためには、脱毛器を買う時に1つのカートリッジで照射可能な回数が多いものを選択することが大切です。光脱毛によって、うなじ周辺の毛を除去する場合には、18回以上の施術を受けることを覚悟して施術を受けるようにしてください。うなじは産毛がほとんどなく、頭部に近い箇所ですから、多くの場合、光脱毛ではそれほど美しく処理することができないでしょう。
とはいえ、中には6回の施術でも十分に満足した方もいますから、体質によって異なる部分があります。究極的にツルツルにしたいのであれば、電気脱毛を利用した方がよいかもしれません。

 

銀座カラーという脱毛サロンでは、安心&納得できる価格設定で、全身の脱毛を行なっており、個々の体質や、そのときの状態を見ながら、ピッタリ合った施術を提案してくれます。このサロンのこだわりは皮膚科と提携している点でしょう。脱毛機も皮膚科医と共同開発したものを使い、脱毛する部位を保湿してくれるので、望んでいた、つるつる、ぷるんの赤ちゃん肌にどんどん近づいていく喜びを実感できるのがぜひ体験してみたいところですね。

 

追加料金はかからないと明記されていますし、月々分割で、金利手数料ゼロというプランもあります。
一口に家庭用脱毛器といっても、使用できる部位が限られていることもあります。
その中で実用的な製品として、デリケートゾーンの脱毛ができる機種があります。
エステサロンなどのお店でアンダーヘアの脱毛と受けるとなると恥ずかしくて、どうしようか迷っているという相談を受けますが、そうした方は、市販の脱毛器を利用するのもありだと思います。

 

 

Vゾーンは比較的、刺激や痛みを感じやすいので、同じ脱毛器といっても、出力調整できるものを買ったほうが良いと思います。無理なくキレイに脱毛したいと思っているのなら、なおさらです。

 

一昔前の脱毛は、「ニードル法」という針を用いて毛穴を刺激するものなど、痛みを感じるものが多くありました。
しかし、最近の脱毛サロンで使われているのは、「フラッシュ脱毛」と呼ばれるものです。

 

人によりますが、フラッシュ脱毛であれば少しちくっとする程度で、それほど痛みを感じずにすみます。
ただし、Vラインなどの毛が濃い部分はちょっと痛みが強くなります。
手の届きやすい価格が魅力のシースリーですが、好みの接客ではなかったという人も少なからず居るようです。

 

 

セレブな雰囲気のある施設で丁寧なサービスを受けたい方には合わないかもしれません。

 

 

 

また、遅刻や剃り残しなどに手厳しいという面もあるため、自分には合わないと思う人が多いのでしょう。パソコンなどをお持ちの場合、ウェブ予約が可能ですが、予約を弾かれる場合もあるようで途中解約したという方もいるようです。
2PS(ツーピーエス)はサロン級の高出力の脱毛が家庭でできるというIPL方式の脱毛器で、お店に行かなくてもアンダーヘア脱毛ができます。専用カートリッジを取り付けると、美肌効果が得られる点も魅力です。もっと安価なカートリッジの製品もありますが、ツーピーエスのカートリッジは132000回照射でき、10回照射しても0.5円。
それもレベル4で換算しているため、弱い出力ならもっと照射可能です。リーズナブルなコストで全身脱毛できるでしょう。
あまりにお得なカートリッジのため、他機種で使用したいと考える人もいるのか通販サイトでは「他の脱毛器では使えません」と書かれていることもあります。ハイパワーの1ショットもできますし、肌に合わせて出力を8段階に調節できるのも評価されています。家庭用脱毛器のイーモリジュは、イーモの後継機で、旧機種の取り回しのしやすさはそのままに、さらに高い出力と、3連射ができるようになったフラッシュ脱毛器です。脱毛器としてだけでなく美顔器としても使えて、1カートリッジあたり18000回照射できるというトップクラスの性能で、トップクラスのコストパフォーマンスです。約3秒でチャージが済むので、ムダ毛の処理にかける時間が短時間で済む点が魅力です。いまはもっと機能を強化した後継機(ケノン)が発売されていて、そちらのほうがさらにバージョンアップしていて人気です。脱毛器は痛いという噂が多いようですが、現実は、痛むのでしょうか?最も新しい脱毛器は、以前のものとは比べものにならないほど高性能で、ダメージへの対策も万全です。

 

脱毛の方式によって違ってきますが、光脱毛器なら、ほとんどダメージは感じないと考えても問題ないでしょう。昨晩あまり寝ていない日に光脱毛を実施しますといつもより強い痛みを感じることがあるでしょう。
そんな場合は、事前に弱い設定をお願いしたり、帰宅後のお手入れをしっかりと行わないと、肌が荒れてしまうかもしれません。

 

光脱毛は短時間なので、体の調子が芳しくない際でも、キャンセルをしたくない気持ちは分かりますが、先延ばしにした方が正解です。

 

 

脱毛サロンでの勧誘については少々悪評が高いのですが、そんな中勧誘しないことをセールスポイントの一つにしているサロンも出てきました。

 

 

そういうところなら、わずらわしいばかりのしつこいセールストーク攻勢を全く受けずに済んで気持ちも軽く足を運ぶことができますね。最近では、ネットでの口コミがあっという間に拡散されてしまうので、勧誘なし、と言うのなら勧誘してくることはまずありません。

 

脱毛エステを受けた時、時に火傷することもあると耳にします。
よく聞く脱毛エステの光脱毛は、白より、黒い色素に作用してしまうため、シミの濃さや日焼けの有無により火傷することも考えられます。

 

 

 

日焼けしている箇所やシミの濃い個所については当てないようにしますが、日に焼けないよう日頃から注意することをお勧めします。
脇脱毛を脱毛サロンやエステで行ったら、脱毛後のお肌の状態は大丈夫?と心配に思う方もいらっしゃるでしょう。

 

 

脱毛サロンやエステサロンの施術は最新型のマシンによって行われていますし、その後のアフターケアもしっかりしているので、跡が残るといった心配はないのではないでしょうか。
自分で脇のむだ毛を処理するよりも肌に対してやさしく、キレイな処理が可能です。

 

ミュゼ360円