セルフ脱毛 注意点

自分でできる脱毛方法と注意点

 

自宅でセルフ脱毛

 

 

自分でできる脱毛方法は、どんなものがあるでしょうか?

 

カミソリやシェーバー、毛抜き、脱毛クリームなど様々ありますが、一番ポピュラーな脱毛方法はカミソリやシェーバーで処理する方法です。

 

腕や脚といった広い範囲のムダ毛を、簡単にしかも短時間で残らずそり落とすことができます。

 

 

ですが脇の処理となると、カミソリなどは適していません。

 

脇のムダ毛は、腕や脚のムダ毛より太くて濃いのが特徴です。

 

カミソリなどで処理をすると、皮膚の中に埋もれ毛として残ってしまうことがよくあります。

 

ムダ毛が伸びてくるたびに、皮膚も一緒に剃っているのです。

 

肌への負担は、とても大きいです。

 

セルフ脱毛の方法とメリット・デメリット

 

毛抜きの場合

 

一本一本、抜いていくので綺麗にはなると思います。

 

ですが、ムダ毛を無理やり引っ張っているので、途中で切れてしまったり、毛穴を痛めることにもなります。

 

 

脱毛クリームの場合

 

クリームを塗って処理しても、毛穴の中の毛根はそのままなので、すぐにムダ毛が伸びてきてしまいます。

 

クリームによって、肌あれや炎症を起こす場合もあります。

 

 

セルフ脱毛でおすすめの方法は!?

 

セルフ脱毛の場合、もっともオススメなのは「脱毛ワックス」を使った脱毛です。

 

クリームやカミソリでの脱毛、サロンでの脱毛に比べ

 

・価格が安い。
・脱毛にかかる時間が短い
・角質も取り去ってくれるので、ターンオーバーを助けてくれる。
・毛が生えてくるときにチクチクしにくい。
・カミソリでムダ毛処理するよりも、生えてくるまでの時間が長い。
・お肌への負担が少ない。
・全身に施術が可能。(※粘膜部分も可)

 

といったメリットがあります。

 

▼ワックス脱毛でセルフ脱毛するなら「シェリークリア」▼

 

 

「シェリークリア」が人気の理由は

 

@肌に優しい「天然成分」のみを使用
Aいつまでもさわっていたくなるような「つるすべお肌」の仕上がりに
B簡単、安全、スピーディーに脱毛が可能

 

という点です。

 

「脱毛サロンは高くて通えない」、でも「カミソリの自己処理によるお肌トラブルを治したい」という方は、一度お試しになってみてはいかがでしょう。

 

今なら『最大50%オフ』のキャンペーンを実施中です。

 

セルフ脱毛の比較

 

セルフ脱毛 比較

 

>>「シェリークリア」の効果や特徴を公式サイトで見てみる

 

脱毛後は「保湿」が大切

 

脱毛処理を家庭で行うなら、しっかりとスキンケアをしましょう。

 

ムダ毛はなくても、肌が黒ずんでしまったりボロボロな肌では悲しいですからね。

 

肌への負担を軽減できるように、気を付けましょう。

 

 

脱毛後のアフターケアでおすすめの「パイナップル豆乳ローション」は

 

ヤフーショッピングで1位になった「抑毛ローション」です。

 

保湿効果に加え、抑毛効果が期待できるローションです。

 

 

 

また、脱毛ケアクリームで有名な「アットベリー」は、ミュゼでも販売されている人気のクリームです。

 

 

 

お肌トラブルを起こさないためにも、脱毛後はクリームを塗ってたっぷりと保湿をするといいですね。

 

 

 

 

 

女性にとって、脇毛は大敵です。男性から見ても、女性の脇が汚かったり、処理が甘かったりするとガッカリしてしまいますし、気軽に脇が見える服装もできません。そのため、脇を自分で処理する女性も多いことでしょう。しかし、メジャーな脇の自己処理法にはメリットもあり、デメリットもあります。

 

まず一つ目は、毛抜きで脇毛を抜く方法です。この方法は簡単に行うことができ、毛を根本から抜くため、毛を剃るのに比べて再び毛が生えるまでの期間が長いことがメリットです。しかし、毛穴が開いたり、毛を引っ張る負荷によって肌がブツブツになってしまうことが難点です。

 

次に、カミソリで剃る方法です。この方法は剃ったあとの仕上がりが綺麗です。しかも費用もかかりません。しかし、剃る際の肌への負荷が大きく後々色素沈着してしまい、脇が黒ずんでしまいます。
3つ目は電気シェーバーで剃る方法です。電気シェーバーは男性用だけでなく、女性用も販売されています。電気シェーバーはカミソリとは違い、肌への負荷が少なく、肌を傷つけることがあまりありません。そして、処理をする時間が短いことも特徴です。しかし、購入する際に他の方法と比べて費用がかかってしまうことと、充電の手間がかかってしまうこともあります。けれども、肌への負荷という点では優れている方法といえるでしょう。

 

そして、最後は除毛クリームを使う方法です。除毛クリームはカミソリなどの刃物のように肌に傷をつけることがなく、再び生えた毛がチクチクすることもありません。さらに何回も使用しているうちに毛がだんだん細くなっていくのもメリットです。しかし、人によっては体に合わず、かゆみや炎症が発症してしまうリスクがあります。

 

ムダ毛の自己処理をする場合には、これらのことに注意しながら安全に行ってくださいね。

 

関連ページ

セルフ脱毛VSエステサロンでの脱毛
セルフ脱毛とエステサロンでの脱毛、どっちがいいのかしら!?
医療脱毛と光脱毛の違いとは
医療脱毛と光脱毛の違いについて
夏の脱毛、どこまでやればいいのかしら?
夏は肌の露出が多い季節。夏の脱毛はどこまでやればいいのでしょうか・・・。
脱毛する前に確認!日焼け肌で脱毛はできるの?
夏は肌の露出の多い服を着る機会が多い季節。エステサロンでは「日焼け肌」の脱毛はNG!その理由と対策とは・・・。
脱毛直後のプールは危険!いつから入ってもいいのかしら!?
脱毛直後のプールは【NG】です。脱毛直後は肌が敏感になっています。プール内の雑菌がお肌トラブルの原因になってしまうためです。では、いつからプールに入ってもいいのでしょうか?(→ 続きを読む)
脇脱毛でわきがが悪化!?脱毛とワキガの関係とは
「せっかく脇脱毛したのにわきがになった!」インターネットの口コミでこのようなものをみかけますが、果たしてワキ脱毛とわきがの因果関係はあるのでしょうか?
産毛脱毛はどのくらいで効果が出るの?
産毛脱毛はどのくらいで効果が出るのか?まとめています。
ワックス脱毛と光脱毛の違いとは?
ワックス脱毛と光脱毛の違いについてまとめています。
脱毛サロンの店舗数※店舗が多い利点とは!?
脱毛サロンの店舗数をまとめています。店舗が多いことで得られるメリットとは!?
脱毛でピアスをしていると施術はNG?
脱毛でピアスをしていると施術NG?についてまとめています。